現場で使いやすい賃貸管理システムGUIDE » 賃貸管理システム一覧 » イエセレクト(クリエイティブ・ウェブ)

イエセレクト(クリエイティブ・ウェブ)

イエセレクトは株式会社クリエイティブ・ウェブが提供する賃貸管理システムです。

ここでは、イエセレクトの特徴やサポート体制、導入実績、実際の評判などについてわかりやすくご紹介します。

「イエセレクト」の特長

20もの不動産情報ポータルサイトと一括で連携可

賃貸管理システムの多くがメジャーな不動産情報ポータルサイトと物件情報の連動ができる機能を持っていますが、その中でも住宅用イエセレクトは20ポータルとの連動をカバーしている点がアドバンテージ(2019年12月時点)。「HOME’S」や「SUUMO」、「CHINTAI」なども含まれていて、手間をかけずに幅広く物件情報を周知できます。

できるだけリーチを拡げるという意味では、多数のポータルに一括で情報を連携する方が成約に至る可能性も高まるというもの。この機能がなければ、物件の数分を手作業で登録していくというかなりの労力をかけることになってしまいます。

参照元:クリエイティブ・ウェブ公式HPhttps://www.creative-web.co.jp/ieselect/description/

チラシやPOPなど店頭用の販促ツール作成が可能

インターネット上での集客だけでなく、イエセレクトには不動産仲介をする店舗用の販促ツールとして、チラシやPOPを作成する機能が備わっています。これは店舗スタッフにグラフィックデザインをさせるというわけではなく、予め16パターンのテンプレートが用意されていて、それらを選択していくことで容易にできあがります。

オプション機能にはなりますが、店頭モニターで利用できるようにPOPのスライドショー機能まであるのはイエセレクトの強みでしょう。

物件情報の登録・編集作業が楽になる優れた機能

管理物件が多ければ多いほど賃貸管理システムでの登録・編集作業も稼働が増えるのは必然ですが、イエセレクトにはそうしたデータの登録・編集をサポートする機能があり、作業時間の短縮や人的ミス抑止といった効果が期待できます。

例えば、物件登録は部屋単位ではなく棟単位。規模の大きなマンションなら一部屋ずつしか登録できないシステムより圧倒的に有利。賃料などの物件情報を一覧画面でそのまま編集できるのも、画面の行き来を少なくしてくれる仕様です。

対応する利用形態

「イエセレクト」の機能一覧

機能一覧

ポータル一括出力、かんたん物件登録、周辺検索機能、接客補助機能、販促物作成機能、選べるタイプ、間取り作成機能、ホームページ作成、アクセスログ分析

イエセレクト(クリエイティブ・ウェブ)と一緒に検討するなら?

住宅用イエセレクトの大きなセールスポイントとなるのが、「HOME’S」や「SUUMO」などをはじめとする不動産情報ポータルの20サイトと連動ができるという点。他にも物件チラシやPOPといった販促物や部屋の間取りを作成できる機能も要注目です。

本サイトでは、オンプレミス版とクラウド版、両方を取扱うオススメの賃貸管理システム会社をご紹介しています。イエセレクト(クリエイティブ・ウェブ)と併せて、ぜひご検討ください。

業務効率化につながる
おすすめの賃貸管理システム3選

「イエセレクト」の導入実績・導入事例

全国222店舗(※2015年9月時点)

※参照元:クリエイティブ・ウェブ公式HPhttps://www.creative-web.co.jp/ieselect/description/

導入時の対応や操作性・表示速度などが高評価

東京の不動産会社がイエセレクトを実際に使い始めた後、気に入った機能やシステムとしての評価、感想などを導入事例として紹介します。

機能として気に入っているのは距離自動入力と間取り作成機能、そして登録エラーお知らせの3点。評価としては導入時の対応や操作性・表示速度などが高評価となっています。今後の希望としてはPOP機能のUIカスタマイズを挙げています。

参照元:クリエイティブ・ウェブ公式HPhttps://www.creative-web.co.jp/ieselect/voice/

導入時の対応は5段階評価で最高の5

イエセレクトを導入した宮城県の不動産会社がレビューとして挙げている、気に入った機能やシステムとしての評価などを導入事例として紹介します。

機能として気に入っているのは一括変換とポータル一括入稿、写真ドラッグ&ドロップの3点。評価としては導入時の対応が5段階評価で最高の5。総合評価が普通に相当する3という点から、よほど対応がよかったのだと推測されます。

参照元:クリエイティブ・ウェブ公式HPhttps://www.creative-web.co.jp/ieselect/voice/

※公式サイト内に「お客様の声」が下記2件のみあり、事例でも下記と同じものをそれぞれ参照元としてリライトしています。

「イエセレクト」の評判

「スタッフの対応が良い」

ハード部分では、他社をあまりさわった事がないので比較しがたい所があるが、なにより、横田さんの対応が親切で、本当に助かってます。電話対応に時間を割いてもらい申し訳ないといつも思っています。

引用元:イエセレクト公式HPhttps://www.creative-web.co.jp/ieselect/voice/

「さまざまなポータルサイトと連携していて便利」

一度の登録で全てのポータルサイトへ物件掲載が出来ること。

引用元:イエセレクト公式HPhttps://www.creative-web.co.jp/ieselect/voice/

イエセレクトの価格・サポート体制

価格

ライトプラン

初期費用 88,000円(税込)
月額費用 28,600円(税込)

スタンダードプラン

初期費用 154,000円(税込)
月額費用 63,800円(税込)

ビジネスプラン

初期費用 484,000円(税込)
月額費用 140,800円(税込)

サポート体制

公式サイトに記載なし

開発会社の基本情報

会社名 株式会社クリエイティブ・ウェブ
所在地 大阪府大阪市淀川区東三国2-37-3
問い合わせ番号 06-6395-0677
公式サイト https://www.creative-web.co.jp/ieselect
オンプレミス・クラウド対応可能な
賃貸管理システム3選
信頼性を裏付ける
大手企業の豊富な導入実績
i-SP/SP-II
ビジュアルリサーチ公式HPキャプチャ

            引用元:ビジュアルリサーチ公式HP
(https://www.visualresearch.jp/isp/)

こんな企業にオススメ
  • DX推進で失敗しないために、実績のあるシステムを導入したい
開発会社の特徴
  • 大手上位の不動産会社約39%がシステムを導入(※1)
  • 導入実績と経験から、業務に合わせたシステムを提供

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

不動産領域を一気通貫する
21種類のシステム連動
賃貸革命10
日本情報クリエイト公式HPキャプチャ

            引用元:日本情報クリエイト公式HP
(https://www.n-create.co.jp/pr/product/kakumei-chintai/)

こんな企業にオススメ
  • 物件仕入から経営分析サービスを1社にまとめたい
開発会社の特徴
  • 連携しやすい21種類の不動産テック系サービスを提供(※2)
  • 同一機能のオンプレミス型、クラウド型システムを開発

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

8業界のIT支援によるナレッジから
マンション特化型製品を開発
MANSION21/マンション21 Smaw
内田洋行ITソリューションズ公式HPキャプチャ

            引用元:内田洋行ITソリューションズ
公式HP(https://www.uchida-it.co.jp/product/mansion21/)

こんな企業にオススメ
  • マンション管理に役立つ機能だけのシステムを導入したい
開発会社の特徴
  • 8業界のIT支援で培ったナレッジからシステム開発(※3)
  • 現場の声をもとにマンション管理の必要機能を強化

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

  【選定条件】Google検索「賃貸管理システム」で検索し(2022年8月20日時点)、ヒットした賃貸管理システム開発会社41社をすべて調査。オンプレミスとクラウド、両方を扱っている6社のうち、以下の条件で3社を選定しています。
・ビジュアルリサーチ:「全国管理戸数ランキング2021」上位200社に入った企業のうち、賃貸管理システム「i-SP」の導入率は39%以上(※1)と、各社公式HPに記載された大手導入実績が6社のうち最も豊富。
・日本情報クリエイト:6社のうち最も多い21種類のサービスを販売(※2)
・内田洋行ITソリューションズ:6社のうち唯一「卸売業」「製造業」「建設様」「マンション管理業」「食品業」「設備業」「鉄鋼業」「化粧品製造業」の8業界に特化した製品・サービス提供(※3)
(※1)参照元:ビジュアルリサーチ公式HP(https://www.visualresearch.jp/isp/
(※2)参照元:日本情報クリエイト公式HP(https://www.n-create.co.jp/
(※3)参照元:内田洋行ITソリューションズ公式HP(https://www.uchida-it.co.jp/