TOP » 賃貸管理システムを選ぶ際のポイント » クラウド型とオンプレミス型(買取型)の違い

クラウド型とオンプレミス型(買取型)の違い

導入コストと設置期間の違い

クライド型の場合

クラウド型の賃貸管理システムは開発会社のサーバーを利用して運用するため、自社で機器を準備する必要がありません。そのため、オンプレミス型に比べると初期費用がかなり抑えられます。また導入にかかる期間も短く、スピーディーにシステムを利用できます。

また、アップデートは自動で行われる場合が多く、法改正にも対応しています。導入時および運用時の負担はクラウド型のほうが少ないと言えるでしょう。

オンプレミス型(買取型)の場合

オンプレミス型の賃貸管理システムは、サーバー設置のための機器一式やライセンスなどを揃えなくてはならず、初期費用が高額になりがちです。機器の準備には数か月かかるケースもあり、導入までに時間がかかってしまいます。

法改正があった際にはシステムの更新を自社でおこなわなくてはなりません。さらに、サーバーの保守や管理をするためのメンテナンス費や専門スタッフも必要です。導入時および運用時の負担は、クライド型に比べて重いと言えるでしょう。

安全性とカスタマイズの柔軟性の違い

クライド型の場合

クラウド型は、万が一自社のサーバーにトラブルが発生してもデータが紛失することはありません。ただ、インターネット環境に依存するため、故障や落雷などでインターネットがダウンしてしまうとシステムが利用できなくなるのが欠点です。

また、賃貸管理ソフト会社のシステムをインターネット経由で使用するため、システムを自社仕様にカスタマイズするのは難しくなります。とはいえ、賃貸管理システムに強い会社の場合は、そもそもの仕様で十分なケースも多いようです。

オンプレミス型(買取型)の場合

オンプレミス型(買取型)は賃貸管理ソフトを自社の端末にインストールしてソフトを使用するため、インターネット環境に依存しません。自社内にサーバーを設置しデータの管理や運用をおこなうので、外部へ情報が流出するリスクも低いでしょう。また、万が一サーバーやシステムにトラブルが起きても迅速な対応が可能です。

さらに自社独自のシステムにカスタマイズでき、既存システムと連携も取れるため、業務効率アップが期待できます。

クラウド型でおすすめの会社

賃貸革命(日本情報クリエイト)

賃貸革命の魅力は、充実したサポート制度。導入後も安心して利用できるようにソフトの使い方やトラブル対応など、幅広いサポートを受けることができます。

また、システムの使い勝手の良さも見逃せません。通常複数サイトへの掲載には、膨大な作業が必要になりますが、賃貸革命を利用すれば、情報を1度入力するだけで複数サイトへ掲載が可能。入力作業の短縮につながります。

また中小企業経営強化税制の対象商材となっているため、即時償却または税額控除を受けることもできます。ただし受付期間は令和3年3月31日までとなっているので、注意してくださいね。

会社名 日本情報クリエイト株式会社
住所 宮崎県都城市上町13街区18号

「賃貸革命」について
問い合わせてみる

オンプレミス型(買取型)でおすすめの会社

賃貸名人(ダンゴネット)

賃貸名人は入力した内容をパターン化して選択することができるため、賃貸契約書や重要事項説明書など、契約の際に必要となる書類の編集も簡単です。

さらに印刷プレビューに近い画面から直接編集できるのも魅力。過去の履歴に契約情報が残るため、比較や参照も簡単にできます。賃貸管理システムの基本的な機能に加え、大腸の一元管理や帳票出力機能など50種類以上の高機能を搭載。人的ミスの削減や業務の効率化に役に立つでしょう。

会社名 株式会社ダンゴネット
住所 東京都国分寺市本町2-2-14 セントクオークビル7F

「賃貸名人」について
問い合わせてみる

サポートが充実した
賃貸管理システム5選
コールセンター画像

賃貸管理システムは、サポート体制に力を入れているほど、導入も簡単で、その後の運用もスムーズに行えます!

サポート対応のレベルが高い賃貸管理ソフトをまとめてみたので、ぜひじっくりと比較してみてください。

おすすめの5選を見る