賃貸管理システムの選びは
サポート体制の手厚さがカギ!

サポート対応が幅広いほど、導入が安心して簡単にできる上に運用もスムーズ。

そこで、【中小企業の不動産会社】にとって特におすすめできる、サポート体制が充実した賃貸管理ソフトをまとめました。

賃貸管理システム5選を見る

賃貸管理システムを選ぶ際の
注目ポイント

これから導入・入れ替えをするならクラウド版がおすすめ!

賃貸管理システムには「クラウド版」と「オンプレミス版」の2種類があり、これからシステムの導入・入れ替えをするのであればクラウド版が断然おすすめです。

オンプレミス版の場合、ソフトを購入し自社で保有・運用を行う必要があり、初期費用が高額になるのが特徴です。また、運用していく中でも保守費用や管理費等が発生するため、コストと手間がかかってしまいます。

クラウド版は、自社デバイスにソフトをインストールする必要がなく、サーバー導入の初期コストを削減することが可能。サーバーの監視や保守に関してもメーカーが一貫して行ってくれるため、ランニングコストが大幅に抑えられます。

手厚いサポート体制こそが
業務を円滑にする

賃貸管理システムを選ぶ際はコストや使い勝手はもちろんのこと、サポート体制にも注目しましょう。

賃貸管理システムを導入することによって業務は大幅に効率化されます。しかし、高機能なシステムほど複雑な設定になっていることが多いのが事情です。また、何らかのシステムトラブルが発生した場合に自社だけで対応するのは難しく、対応が遅れればその分業務に支障をきたし、逆に非効率になってしまうことも…。

システムのパフォーマンスをフル活用するためにはサポート体制が充実したシステムを選ぶことが重要なのです。

中小企業向けの
賃貸管理システム5選
【クラウド版】

賃貸革命

対応しているサポート体制【11/11】

賃貸革命公式ページ
電話サポート
専任スタッフ
メールお問い合わせ
遠隔サポート
訪問サポート
ソフトアップデート
セミナー開催
サポートセンター
サポートサイト
バージョンアップ割引
無料出張デモ

賃貸管理システムについて
詳しく見る

「賃貸革命」特長

中小企業経営強化税制に対応しているので費用が抑えられる

賃貸革命は、平成29年4月に新設された「中小企業経営強化税制」の対応商材となります。中小企業に関しては即時償却または7%~10%の税額控除を受けることができるため、特におすすめだといえるでしょう。 ただし、受付期間は令和3年3月31日までとなっているので、導入を検討している場合は早めの導入がおすすめです。

多様なサポート体制でどんな質問やトラブルにも解決してくれる

賃貸革命には、導入時はもちろん、導入後も快適に利用できるようさまざまなサポートが用意されています。困った際は電話もしくはリモートでサポートが受けられるほか、定期的なユーザー講習会も行われているため、複雑な機能もしっかりと使いこなすことができます。

また、マスターデータの共有や商品専用サイトの閲覧も可能となっているので、安心且つ便利に利用することができるでしょう。

自動連携機能で入力の手間を大幅に削減できる

ポータルサイトやネット広告の掲載はかなりの時間を要するため、どうしても業務効率が低下してしまうものです。しかし、賃貸革命では1度情報を入力すれば複数サイトへ自動で掲載されるため、作業効率を大幅にアップすることができます。

機能一覧

  • 共通機能
  • 物件管理
  • 契約管理
  • 問い合わせ・修繕管理
  • 賃貸管理
  • 会計連動(オプション)

「賃貸革命」について
詳しくチェック

「賃貸革命」の評判

「集客力アップ」

2009年の創業時には500部屋だった管理部屋数が、2012年には約1500部屋、2013年には3500部屋と急拡大できています。

参考元:日本情報クリエイト公式サイト
(URL:https://www.n-create.co.jp/pr/effect/)

「コスト削減」

操作方法に慣れてしまえばExcelを圧倒的に上回る定型業務の大量処理能力、高速検索能力を実感できます。

参考元:日本情報クリエイト公式サイト
(URL:https://www.n-create.co.jp/pr/effect/)

「賃貸革命」について
問い合わせてみる

ESいい物件One賃貸管理

対応しているサポート体制【9/11】

ESいい物件One公式ページ
電話サポート
専任スタッフ
メールお問い合わせ
遠隔サポート
訪問サポート
ソフトアップデート
セミナー開催
サポートセンター
サポートサイト
バージョンアップ割引
無料出張デモ

賃貸管理システムについて
詳しく見る

「ESいい物件One賃貸管理」ソフトの特長

顧客の行動が先読みできる追客機能を完備

反響のあった顧客情報を自動で登録し、追客状況を管理することが可能です。たとえば、物件を探している顧客に自動でメールを送ったり、返信が来ない顧客をアラート機能で知らせたりすることも可能となり、より効果的にアプローチすることができます。

ポータルサイトへの一括掲載

SUUMOやHOMES、アットホームなど、主要ポータルサイトを含む20サイト以上に一括投稿が可能です。特にSUUMOやHOMESは検索で上位表示されるポータルになりますので、アピールしたい物件をより効果的にアピールすることができるでしょう。

アパマンオペレーションシステム(AOS)とのデータ連動

ESいい物件OneはAOSとの連動が可能となっており、連動することでさまざまなシステムを利用できるようになります。これにより、2重管理を避け業務の効率化に直結することが可能です。

機能一覧

  • 共通機能
  • 物件管理
  • 賃貸管理
  • 入出金管理
  • 業務効率化支援機能
  • 鍵管理機能
  • 収支報告など

「ESいい物件One賃貸管理」
について詳しくチェック

「ESいい物件One賃貸管理」の評判

「オフィス仲介でIT重説を実施」

大手の法人様は特に社印の持ち出しが出来ないケースがあり、重要事項説明と賃貸借契約のために訪問していましたが、IT重説ですと宅地建物取引士が自社店舗に居ながらにして重要事項説明を行うことができました。

参考元:ESいい物件One公式サイト
(URL:https://www.es-service.net/example/detail/
daimaru.html)

「ほとんどペーパレスに近い状態で接客できます」

お客様の中で、他の物件との比較を客観的に行うことが苦手な方が多く、駅から近い・遠いや間取り、設備などを相対的にポイントを整理して差し上げています。実はそれを接客カウンターにあるパソコンと「ESいい物件One」と自社ホームページにある物件チラシをご覧いただいています。チラシはレイアウトが見やすく提案しやすくほとんどペーパレスに近い状態で接客できます。

参照元:ESいい物件One公式サイト
(URL:https://www.es-service.net/example/detail/
daimaru.html)

「ESいい物件One賃貸管理」
について問い合わせてみる

FutureVision Plus

対応しているサポート体制【7/11】

FutureVision Plus公式ページ
電話サポート
専任スタッフ
メールお問い合わせ
遠隔サポート
訪問サポート
ソフトアップデート
セミナー開催
サポートセンター
サポートサイト
バージョンアップ割引
無料出張デモ

賃貸管理システムについて
詳しく見る

「FutureVision Plus」ソフトの特長

ヒト・モノ・カネの情報をあるべき姿で管理

一般的な賃貸管理システムは、物件というマスタが上位にある場合が多いですが、FutureVision Plusでは、所有形態が複雑な物件などにも柔軟に対応できるよう、管理委託契約および賃貸借契約を優先したマスタ構造でつくられています。そのため、顧客や不動産、債権債務といった賃貸契約管理に必要な情報をまとめて管理することができ、業務の大幅な効率化が実現できます。

客付け業務の入出金に対応

FutureVision Plusは拡張性の高い機能にも対応が可能で、テナントやオーナー、不動産会社、工事会社などの情報をはじめ、請求や支払い、入出金情報の一元化ができます。そのため、賃貸仲介業務における手数料売り上げやコスト管理、それに付随する入出金情報なども物件単位で行うことが可能です。

幅広いデータの分析・確認が可能

基本的な賃貸管理機能だけでなく、本格的なプロパティマネジメント業務に対応したさまざまな機能を備えているのもFutureVision Plusの特徴です。また、ユーザーからの要望に応えて他社物件に対応した賃貸仲介管理機能も実装しているので、従来よりも幅広いデータを分析・確認することができます。

機能一覧

  • 顧客管理
  • 賃貸仲介
  • 契約管理
  • 請求・入金管理
  • 建物管理
  • 物件収支管理

「FutureVision Plus」
について詳しくチェック

「FutureVision Plus」の評判

「導入の手軽さと使いやすさが決め手」

使い慣れた旧ソフトと操作性が変わらず、データも移行できるということで自然な流れでFutureVisionを選びました。他社ソフトと検討する、といったこともさほどなかったと記憶しています。ソフト自体も安定稼働しているので、長くお付き合いできています。

参考元:ギガプライズ公式サイト
(URL:https://fv.gigaprize.co.jp/air/
casestudies.html)

「困ったときはいつでも対応してくれる」

分からない時に電話してすぐ回答して頂けるのがとてもいいです。時には遠隔サポートで画面を直接見ながらやりとりして頂いておりますので満足しておりますが、些細な疑問を聞くのが申し訳なく聞きづらいかなと

参考元:ギガプライズ公式サイト
(URL:https://fv.gigaprize.co.jp/air/
casestudies.html)

「FutureVision Plus」
について問い合わせてみる

ReDocS

対応しているサポート体制【7/11】

ReDocS公式ページ
電話サポート
専任スタッフ
メールお問い合わせ
遠隔サポート
訪問サポート
ソフトアップデート
セミナー開催
サポートセンター
サポートサイト
バージョンアップ割引
無料出張デモ

賃貸管理システムについて
詳しく見る

「ReDocS」ソフトの特長

操作がシンプルで簡単 

「自分の母親でも使いこなせるか」を標語に開発されたシステムなので、とにかく使いやすいというのが大きな特徴です。基本的には表示されている入力フォームを埋めれば利用できるため、新しいシステムを覚えるのが面倒…という方でも安心です。

手軽な料金プラン

リドックスは初期費用無料で導入ができるほか、利用料金がリーズナブルであるのも魅力です。また、管理している部屋数に合わせて料金プランも選べるため、どんな企業でも無駄なく導入することができます。

導入後のサポートもあるからソフトの使い方なども丁寧に説明

賃貸管理ソフトの提供だけでなく、導入後のサポートやトレーニング、質問相談も行っているリドックス。そのため、導入方法やトラブル時の対応はもちろん、システムの使い方までしっかりと教えてくれ、システム操作が苦手な方でも安心して利用することができます。

機能一覧

  • 家賃管理入金消込
  • 物件情報・契約情報管理
  • 契約書類・各種帳票出力
  • 清算明細作成・オーナー送金

「ReDocS」について
詳しくチェック

「ReDocS」の評判

「無理なく管理戸数を増やせた」

システムを導入したことで「従業員を増やすことなく、管理戸数を増やすことができた」ので、非常に大きなメリットを感じています。

参考元:ReDocS公式サイト
(URL:https://theredocs.com/customer)

「従来よりもデータが見やすくなった」

スタッキングプランやレントロールなどで、管理物件の「入居状況がパッと見てわかる」ようになったことが非常に助かっています。

参考元:ReDocS公式サイト
(URL:https://theredocs.com/customer)

「ReDocS」について
問い合わせてみる

いえらぶCLOUD

対応しているサポート体制【5/11】

いえらぶCLOUD公式ページ画像
電話サポート
専任スタッフ
メールお問い合わせ
遠隔サポート
訪問サポート
ソフトアップデート
セミナー開催
サポートセンター
サポートサイト
バージョンアップ割引
無料出張デモ

賃貸管理システムについて
詳しく見る

「いえらぶCLOUD」ソフトの特長

不動産業務の全てをサポート

物件情報の仕入れ・入力からホームページ・ポータルサイトからの集客、管理業務までをいえらぶCLOUDで完結することができます。そのため、うまく活用すれば不動産業務の効率化はもちろん、売上の最大化を実現することが可能です。

こだわりの使いやすさ

不動産業務には欠かせない物件入力は、項目が多いため1件の入力に30分かかることもあります。そんな問題を解決するため、いえらぶCLOUDでは入力のしやすさにこだわっており、必要項目が最小限に抑えられています。

ネット集客ができる

いえらぶCLOUDでは不動産に特化したホームページ制作も可能となっているため、ネットから効率的に集客することができます。しかも、SEOに強いサイト構築が実現できるほか、専属のコンサルタントによる継続的な分析とサポートが受けられるので、初心者でも安心です。

機能一覧

  • ポータル連動
  • 物件入力補助
  • 顧客管理
  • チラシ作成
  • 反響取り込み
  • 反響分析
  • マッチングメール
  • 契約書作成
  • サポート・コンサルティング
  • いえらぶ無料掲載

「いえらぶCLOUD」について
詳しくチェック

「いえらぶCLOUD」の評判

「作業スピードがかなり速くなった」

いえらぶCLOUDの賃貸管理機能に切り替えてから、作業スピードが大幅に改善されました。 一度入力した情報が客付の際にも使えるので、情報の入力間違いも減りましたし、反響も増えてきました。 また、動作スピードが早く、イライラすることなく業務が出来るのがとても便利です。

参考元:えいらぶCLOUD公式サイト
(URL:https://ielove-cloud.jp/system/functions/kanri/)

「入出金管理におけるミスが減った」

エクセルで管理をしていたのですが、ファイルが突然開かなくなったことがあったんです。 お客様のデータを守るためにも、クラウド型の賃貸管理機能を探していました。 導入したら、契約書も入力した情報を基にワンクリックで作れるので楽でした。 入出金管理も金額等を自動で計算してくれるので、間違いが減って助かってます。

参考元:えいらぶCLOUD公式サイト
(URL:https://ielove-cloud.jp/system/functions/kanri/)

「いえらぶCLOUD」
について
問い合わせてみる

これがあるとソフトの
使いやすさがさらにUP!
サポート項目一覧

業務効率化のために導入する「賃貸管理システム」。しかし、機能性が高いシステムの場合は使いこなすのが難しく、非効率になってしまうことも…。

ここでは、「これさえあればソフトの使い方に困らない!」というサポート項目11個について情報をまとめました。賃貸管理システム選びの際にぜひ参考にしてみてください。

電話サポート

操作方法や商品を利用する上で分からないことやトラブルの解決が必要な場合、電話をかければ専門スタッフが丁寧に対応してくれるので便利。

専任スタッフ

ソフトに関する深い知識はもちろんのこと、不動産・IT業界に詳しい専任スタッフが在籍していると、ソフトの操作や分からないことを分かりやすく丁寧に説明してくれるので安心。

メールお問い合わせ

「ソフトの導入を検討していて気になった点について聞きたい」、「運用の時に急にトラブルが生じて解決方法が分からない」場合に便利なサポート。
24時間受付が可能なソフトが数多くあるので、自分に合ったタイミングで気軽に問い合わせができるのも嬉しいポイントです。

遠隔サポート

電話でうまく説明できないトラブルや問題の解決に便利なサポートサービスの1つ。
担当スタッフが遠隔からユーザーのパソコンの画面上でエラーの修正を行うので、迅速に対応することが可能です。

訪問サポート

専門スタッフが実際に訪問してソフトの操作や機能の説明をしてくれます。
ただし、メーカーによっては訪問サポートを有料で行ったり、訪問数に制限があったりするので依頼をする際に確認する必要があります。

ソフトアップデート

定期的なアップデートでソフトを常に最新の状態に保つことができます。
更新することで、ウイルスによる感染リスクも減らせるため、安心して管理業務が続けられます。

セミナー開催

ソフトの理解を深めたい方におすすめのサポート。
操作について新しい知識を得るだけでなく、気になる点についても実際に担当者に直接相談できます。

サポートセンター

専用のコールセンターがあると、どんなときでもプロのスタッフがトラブルの解決や操作方法などの説明をしてくれるので安心。
サポートセンターの拠点が多いメーカーの場合、最寄りのセンターに訪問依頼することができるため、問題解決がさらにスピーディに。

サポートサイト

ソフトの使い方や更新情報について詳しく知りたいときにおすすめのツール。
サイトによっては、ソフトについての情報だけでなく、エラーが生じた際の解決方法まで紹介してくれる場合もあるので便利です。

バージョンアップ割引

最新版のソフトをよりお得な価格で購入できるサービス。
操作の改善が期待できる上に、ウイルスによる感染も避けられます。

無料出張デモ

賃貸管理システムの導入を検討していてソフトの使い勝手のよさも実際に体験したい方にぴったりのサポート。
依頼するだけで、担当者が会社を訪れソフトのデモンストレーションを行ってくれます。

その他にある
賃貸管理システム一覧

さまざまな形態に対応した多彩なシステム

賃貸住宅管理システムでは、賃貸契約や退去、請求、入金、オーナー送金、オーナー請求といった基本システムに加え、工事管理や物件査定、物件検索などのオプション機能も豊富です。
そのため、各企業の管理ニーズに合わせたシステムを構築することができます。また、管理帳票や全帳票プレビュー、エクセル連携機能などの高度な機能も搭載されているため、経営分析や交渉業務をより効率的に行うことができるでしょう。

安心・安全のセキュリティ

賃貸管理 i-SPでは、サーバ環境に信頼性の高いGoogle Cloud Platformを採用しており、どんな企業でも安心して利用することが可能です。また、データセンターでシステム運用することにより、震災等による不安やサーバ管理によるコストを解消することができます。
勘定奉行や弥生会計、大蔵大臣などの師範債務会計ソフトに仕訳データを連動することもできるため、いままで時間をとられていた賃貸管理業務と会計業務の両方を、大幅に効率アップすることができます。

設定科目が会計処理まで連動

細かな科目情報の登録を行うことにより、月次請求・支払いの仕訳処理を自動化することが可能です。
その際は原状回復工事や建物管理で発生する売上原価などの仕訳も連携されますので、面倒だった処理を一括管理および自動化することができます。

簡単にデータ移行ができる

Rent-UPは家賃回収管理に特化した機能を持つシステムなので、従来の賃貸管理業務を継承しながら導入することが可能です。
そのため導入の手間や業務への支障を心配する必要がなく、手軽に導入することができます。 また、システムトラブルや問題があった際などは電話でサポートを受けることもできるので、システム操作が苦手な方でも安心です。

コストを抑えて導入ができる

アットホームの賃貸管理システムでは、初期導入費と月額利用料だけで最新のアプリケーションを利用することができます。
また、企業の規模や物件数に合わせてプランも選択できるため、無駄なコストを抑えつつ賃貸管理業務の効率化が可能です。

導入が短納期で低コスト

マルチユースでは、これまでカスタマイズ開発によって蓄積してきた技術を組み合わせることで、各企業に合わせたシステムにすることが可能です。これにより、システムをゼロから開発するよりも短時間かつ低コストに抑えることができます。
また、開発着手後の遅れや予算オーバーも心配いりません。

50種類以上の高機能を搭載

賃貸名人には、賃貸管理システムの基本的な機能のほかに、さまざまな帳票出力機能や台帳の一元管理、請求・入金・送金管理といった高機能が搭載されています。
そのため、入金チェックからオーナーへの報告書までを一括管理できるのはもちろん、人的ミスの削減や業務の効率化が実現できます。

基本管理業務のほか、工事管理までを一元管理

PAPAsystemでは、基本的な賃貸管理機能だけでなく工事情報も一元で管理することができます。工事明細情報をあらかじめマスタ化しておくことにより、工事業者に対する支払い状況や負担者情報などが入力可能。
また、入居時の預り金のうち「工事費相殺」の金額も設定できるため、これ1つで細かな部分まで把握することができます。

どんなエリア、どんな物件数にも対応可能

不動産賃貸管理システムは地域にならではの慣習による違いにも対応しており、どんなエリアでも使用することが可能です。
また、小規模から大規模まで管理戸数に合わせた賃貸管理システムを提案してくれるため、無駄なく導入することができます。

登録物件の見直しや改善が簡単にできる

搭イエセレクトにはアクセスログの分析機能が載されているため、検索エンジンからの問い合わせや閲覧数の多さを一目で確認することが可能です。これにより弱みの可視化が行え、登録している物件の見直しや改善を効率的に行うことができます。
また、棟単位での登録・管理が可能となっているため、同じ物件の同じ条件を何度も入力する必要もありません。

自動反映システムで入力の手間が激減

従来の賃貸管理では、入居となる部屋が30部屋あれば30人分の情報入力が必要となり、同じ情報を何度も入力することが多々ありました。
しかし、管理悠々JⅡの場合情報入力は契約書作成時のみとなり、同じ情報を2回も3回も入力する必要がありません。そのため、物件数が増えても担当者の負担は増えないのです。

高度なセキュリティ

BEANSでは、ログイン時のID・パスワードはもちろん、担当者ごとのメニュー制御などにより不正を防止することが可能です。
また、情報漏洩に関しても対策を行っているため、安心して利用することができます。

必要な機能が搭載されている

EBSは、実際に不動産会社を経営している社長が自ら開発したシステムです。不動産業務を知っている人間が開発しているだけあり、「こんな機能がほしかった!」「こんなに便利な機能があるんだ!」といった従来の管理システムにはない機能が豊富に搭載されています。
そのため使いやすいことはもちろん、従来の管理業務を大幅に効率化することができるでしょう。

大家クラウドは空室に悩むオーナーの味方です。

大家クラウドは物件の空室対策をしたいオーナーにお勧めの不動産賃貸管理システムです。仲介店舗への物件情報一斉配信や入居者へのSMS配信などの豊富な機能で効率的かつ迅速な管理を行います。小規模物件なら無料での使用も可能。24時間対応可能な住まいの緊急トラブルコールセンターや、物件の定期巡回などのオプションサービスも充実しています。

ACRESで効率的な企業不動産経営を手に入れましょう!

ACRESは企業経営における不動産管理に適したクラウドシステムです。ACRESを導入することで所有不動産にかかわる情報をまとめて視覚化し、不動産のライフサイクル全体を管理できます。ACRESの豊富な機能を使い、重要な経営資源である不動産の更なる戦略的活用や、投資案件管理を実現しましょう。

豊富な資料と機能でニーズに応える不動産管理システム

「@プロパティPMエディション」は、国内不動産ファンドの半数以上に不動産管理システムが導入されているプロパティデータバンク株式会社が、オーナーのニーズに細やかに対応するために開発した不動産管理クラウドです。豊富な資料とサービス、ユーザーの多さならではの低コスト、需要に応じたオプションを数多く提供することで、オーナーの物件管理をサポートします。

必要な機能のみ選択可能

使わない機能を外して必要な機能のみにカスタマイズできるのが特徴です。不要な機能に費用がかからず、予算に合った無駄のないシステムの導入が叶います。入力画面や帳簿のレイアウトも自由に調整できるため、自社仕様の設計が作成できますよ。セミオーダー型のオリジナル設計で使い勝手が抜群。他社のソフトでは自社に合わないと悩んでいる方には、ぜひおすすめです。

AIを利用して入力を自動化

AIを活用することで、物件情報やメール作成の自動化が可能です。物件登録の70%を自動化させており、業務効率が格段にアップしています。さらに、操作性を重視したUI/UX中心の設計(インプレースエディタ、Drag&Drop登録、オンデマンドヘルプ)を導入することで、入力業務の時間を短縮。ユーザーの操作性を重視したシステムとなっています。

どの端末でも利用可能な管理システム

全国賃貸不動産管理業協会が提供する賃貸管理システムの全宅管理は、使いやすさが魅力的。高性能にもかかわらずシンプルな設計で、誰でも簡単に使いこなせるようになっています。クラウド型ソフトを使用しているため、どの端末からでもインターネットブラウザがあればログイン可能。同時操作と同時ログインも可能なため、利便性が非常に高いソフトです。高いコストパフォーマンスを実現してくれます。

賃貸管理を楽にする4つのメイン機能

イタンジ株式会社が提供する不動産管理会社向けシステム「Cloud ChintAI」は、物件確認に自動応答する「ぶっかくん」、内見予約の受付を自動化する「内見予約くん」、入居申し込みのやりとりを効率化する「申込受付くん」、賃貸契約をオンライン上で行える「電子契約くん」、以上4つのメイン機能が備わっています。欲しい機能のみ選択できるので、余計なシステムは付いてきません。

30年以上に及ぶ販売実績
内田洋行 ITソリューションズが提供する「マンション21 Smaw」は、さまざまな機能を備える賃貸管理システムです。発売から30年以上が経過しており、今もなおトップクラスの導入実績を誇る賃貸管理システムです。大手企業はもちろん、中小企業や新規参入会社も多く利用しており、企業規模を問わず活用することが可能です。歴史に基づいたノウハウやサポート体制、充実の機能が特徴で、現在200社を超える企業の導入実績があります。

シンプルな使い心地
さまざまな業務アプリケーションを提供するビズポイントによる賃貸管理システムです。IT化に対応できるサービスを展開しており、PCの操作が苦手な方でも簡単に使用可能なUIが特徴です。電話でのサポートはもちろん、PCの遠隔操作サポートがあるため、もしもの場合にも焦らず対応してもらうことができるでしょう。もちろんシステムは必要十分な機能を備え、賃貸管理をトータルでサポート可能です。

小中規模の不動産会社に最適

お客様の声を基にして作られた賃貸管理システムなので、非常にシンプルで簡単に操作ができます。導入費用やサポート費用は低コストとなっており、小中規模の不動産でも金銭的負担を抑えて導入できるでしょう。必要なのはインターネットとエクセルだけで、システム利用人数は無制限となっているため、いつでも・どこでも・何人でも同じページを閲覧・編集ができます。一般的な賃貸管理システムで使う機材が不要なのも嬉しいポイントです。

賃貸管理システムの
その他の特徴をチェック

賃貸管理システムを導入する
メリット・デメリットは?

賃貸管理システムの導入には少なからずコストがかかるため、なかなか導入できずにいる方も多いと思います。しかし、導入後はさまざまなメリットが期待できますので、ここでは具体的なメリット10つについて見ていきましょう。

賃貸管理システムの10個のメリット

メリット1.事務処理の負担が圧倒的に軽減できる

物件情報を紙媒体で管理していると、物件数が増えるごとに事務作業も増え、結果として家主やお客様に迷惑をかけてしまう場合があります。

しかし、賃貸管理システムで物件情報をデータとして管理することにより、従来の事務処理を大幅に軽減することが可能です。

メリット2.漏れなくスムーズに手続きができる

物件ごとに異なる情報を手打ちで入力していると、更新の抜けや漏れが発生するリスクがあります。

ですが、賃貸管理システムを導入すれば所有物件すべてにおける更新者を一括管理できるほか、直近の更新予定者が自動的にリストアップされるため、後進の抜けや漏れを予防することが可能です。

メリット3.顧客満足度アップにつながる

賃貸管理システムでは、物件や部屋ごとの履歴を登録することも可能です。そのため、いつだれがどんな対応をしたのかが瞬時に検索でき、常に最適な対応ができます。

また、家主に対する報告書の出力なども同時に行えるようになるため、顧客満足度アップにもつながってきます。

メリット4.オーナーとのコミュニケーションがスムーズになる

賃貸管理システムによっては、オーナー専用のマイページで収支報告ができるものもあります。そのため、オーナーが海外在住であったり多忙であったりする場合も、スムーズにコミュニケーションをとることが可能です。

また、オーナー側はいつどこにいても報告を確認できるので、書類整理や保管の手間が解消できます。

メリット5.他部署間との情報共有が容易になる

賃貸管理システムでは、賃貸管理における契約や請求、入金業務などを1つのシステムで運用します。そのため、名前や電話番号などで検索を行えば、契約者やオーナーの情報を素早く呼びだすことが可能です。

また、経理部門に入金・送金データを渡すことができたり、修繕などの請求を紐づけたりもできるため、他部門間での情報共有もスムーズに行えます。

メリット6.書類・データの紛失の紛失リスクが軽減される

すべての書類がサーバー上に保管されるため、紛失リスクを最小限にとどめることが可能です。

もちろん、サーバーが破壊されるなどの事案が発生する可能性はゼロではありませんが、実態を伴わない保管場所のため、完全に紛失するリスクはほぼないと言えるでしょう。もしもの災害時や、天災時なども安心です。

メリット7.掲載機会の増加で契約獲得率アップ!

書類などで物件情報を管理している場合、情報がオンラインに掲載されるまで複数の手間が発生します。

しかし、賃貸管理システムを利用する場合、入力した情報は即時公開されるため、掲載までに無駄な時間が発生しません。掲載タイミングが早くなったり、手間が掛からない分掲載期間が増えることで、結果的に契約数増加を期待できます。

メリット8.ノウハウがたまって契約獲得率アップ!

賃貸管理システムの場合、物件掲載情報はもちろん、それに対する反響データが掲載されています。そのため、どのような物件の反響が高いのか、もしくはどのタイミングであれば反響獲得を効果的に実施できるのかを一目で把握することが可能です。

広告訴求力を可視化できるため、新たな物件掲載時に活かすことができます。

メリット9.ヒューマンエラーを減らせる

人間が管理している以上、ミスは発生する可能性があります。更新手続きの抜け漏れがあったり、金額の間違いなど、不意に起きてしまうトラブルは少なからずあるでしょう。

そのような場合もシステムを活用すれば、自動でリマインドなどを実施してくれます。結果として抜け漏れなく、最適なタイミングで必要事項が実施可能となるのです。

メリット10.担当者不在時+引継ぎ時の対応がスムーズ

担当者が不在の場合や退職時、その場にいたスタッフなどが臨機応変に対応しなければなりません。誤った情報を伝えてはならないものの、何度も連絡をし合うのは時間のムダです。

システムを活用し履歴を残しておくことで、担当者が不在の場合にも、過去の様子を一目で把握できるためとても便利です。

賃貸管理システムの3個のデメリット

デメリット1.費用が掛かる

賃貸管理システムにはさまざまなメリットがありますが、導入には何かしらのコストがかかります。コストが安いクラウド版でも無料で導入できるわけではありませんので、ある程度の出費は覚悟しなければなりません。

また、企業によってはオンプレミス版の方が安く抑えられる場合もありますので、事前にしっかり見極める必要があります。

デメリット2.業者の選択が難しい

近年ではさまざまな賃貸管理システムが存在するため、自社に最適な業者・サービスを選ぶのが困難になってきています。また、機能性や使いやすさなど、実際に使ってみなければわからない部分もありますので、選択には時間を要することとなるでしょう。

とはいえ、一度導入して入れ替えるとなると手間とコストがかかりますので、システム選びは慎重に行わなければなりません。

デメリット3.慣れるまでに時間がかかる

賃貸管理システムの中には「操作の簡単さ」を売りにしているものもありますが、機能性や拡張性が高くなるほど操作は複雑になるものです。そのため、こういったシステムを導入した場合は慣れるまでに時間を要することとなります。

また、操作を覚えるまでは作業スピードが遅くなったり、ストレスを感じたりする可能性も考えられます。

メリット・デメリットまとめ

賃貸管理システムは導入にコストがかかるほか、機能性や拡張性の高さに伴い操作もやや複雑になりがちです。しかし、賃貸管理システムの導入によって得られる効果が非常に大きいことも事実です。

その中でも特に大きなメリットとなるのが業務の効率化で、「従来は3人で管理業務を行っていたのが、システム導入後は1人で十分になった」という企業も多々存在します。また、クライド版であれば初期費用・ランニングコストともに安く抑えることができますので、賃貸管理システムは多少の手間がかかったとしても導入するべきだといえるでしょう。

賃貸管理システムの選び方、
気を付けたい8つのポイント

一つの企業が多くの賃貸物件を扱っているときには、その分野に特化した専用のシステムを使うことで、業務がぐっと効率的になります。とはいうものの、賃貸管理システムの種類は数多く、どうやって選べばいいか分かりにくいのが現状。こちらでは賃貸管理システムの選び方を6つのポイントにまとめてご紹介します。

1.クラウド型かオンプレミス型か

ソフトウェアやデータを自社内のサーバや端末に保有するタイプを「オンプレミス型」、外部サーバを利用するタイプのシステムを「クラウド型」といいます。従来の賃貸管理システムはオンプレミス型がほとんどでしたが、最近ではクラウド型も増えてきました。クラウド型は導入コストが圧倒的に安いというメリットがあり、将来的にはクラウド版が主流になると予測されています。

賃貸管理システムを選ぶ際は、クラウド型のシステムを選ぶのがおすすめです。

2.操作性・使いやすさ

人間関係と同じく、システムの使いやすさにも相性があります。感覚的に操作できるか、誤作動が起きないシステムか、たとえばショートカットキーの割当などに他の社内システムとバッティングする部分はないかなども、システムを選ぶうえで重要なポイント。

賃貸管理システムのなかにはお試し導入できる商品もあるため、まずは試用バージョンで操作性を試してみてから、本導入を決めると良いでしょう。

3.サポート体制の充実度

操作に困ったとき頼りになるのが、システム会社のサポートです。どんなシステムもトラブルが絶対起きないとは言い切れません。トラブル以外にも、ちょっとした困りごとがあるとき、電話1本で解決してくれるようなサポート体制があれば安心ですよね。

また、システム会社のサポート体制をチェックする場合は、無料か有料か、24時間対応してくれるか、また、電話はつながりやすいかなど、細かくチェックするようにしましょう。

4.コストパフォーマンス

単純に月額費用だけで比較しても、本当のコストはわかりません。初期導入費+月額費用+サポート費用を計算し、少なくとも数年単位で比較検討するのがいいでしょう。多機能のシステムは当然高額になりますが、それぞれの機能に「本当に必要かどうか」「コストに見あうか」検討してみてはいかがでしょうか。

5.規模感(中小企業向けか大企業向けか)

賃貸管理システムには、それぞれ得意分野があります。数十から百件ぐらいの物件をきめ細かくフォローすることに向いているもの、数百もの物件をトータルに管理し分析できるもの、提供する企業を見ると、得意不得意がわかるかもしれません。あらかじめチェックしておきましょう。

6.既存システムとの互換性

新しいシステムを導入する場合、過去のデータをどのように移行できるかが非常に重要な課題となります。これまで小規模システムや手づくりのエクセルファイルでデータを管理していた場合、それらをすべて移行することは可能か、あらかじめサポートダイヤルなどを利用して確認しておくことがおすすめです。

7.開発力の高さ

日々システムを活用していくと「ここがもう少し変更されたら使いやすいのに…」というポイントが見えてくるでしょう。開発力が高い企業は、その希望をただ聞くだけでなく、求められている形に則って開発を行います。

このように、ただの御用聞きではなく本当に必要な機能をきちんと開発できる会社が魅力的と言えるでしょう。

8.法令改正への対応

定期的に法令改正があるからこそ、きちんとその基準を守らなければなりません。しかしシステムを使用する以上、人力のみでの対応は難しく、システムを扱う企業による対応が求められます。

迅速に対応することはもちろん、必要機能をきちんと搭載できる機能を見極め、選出しておくと改正時も安心です。

賃貸管理ソフトの選び方
について詳しく読む

賃貸管理の仕事内容

不動産会社の行う賃貸管理の仕事内容には、クレーム対応や家賃の集金などの入居者への対応をはじめ、契約更新や退去時の対応、空室募集や物件の維持管理などが挙げられます。

また回収した家賃や礼金などの収入、管理報酬などの集計、送金明細の作成など多岐にわたります。。

賃貸管理の仕事内容
について詳しく読む

クラウド型とオンプレミス型(買取型)の違い

クラウド型とオンプレミス型(買取型)の違いは、導入コストや設置期間、安全性、カスタマイズの柔軟性など意外とたくさんあります。

使いやすい賃貸管理システムを導入するためには、クラウド型とオンプレミス型の違いをきちんと把握しなくてはなりません。次のページではそれぞれの特徴や違い、おすすめの賃貸管理システムを紹介しています。

クラウド型とオンプレミス型
の違いについて詳しく読む

賃貸管理システム導入までの手順・流れ

賃貸管理システムを導入するためには、気になっているシステム会社に資料を請求するところから始まります。公開しないシステム選びのためには、メーカー側に直接相談するのが一番の近道です。

次のページでは管理システムを選ぶポイントや、導入までの流れ、また導入に関するよくある質問をまとめました。

賃貸管理システム導入の
流れについて詳しく読む