TOP » 賃貸管理システムを選ぶ際のポイント » 賃貸管理システム導入までの手順・流れ

賃貸管理システム導入までの手順・流れ

賃貸管理システム導入の流れ

賃貸管理システムを導入するために、まずは導入を検討しているシステムの会社へ資料請求を行います。資料は電話または公式サイトから請求可能。現在では資料請求の際に無理な営業をかける会社は少なくなっているため、安心して問い合わせできるでしょう。

届いた資料を見ながら、ある程度希望する賃貸管理システムが見つかれば、業務状況に合わせて最適な商品を選ぶために、悩みや要望などを直接メーカー側に相談してみるのがおすすめ。ヒアリングをもとに最適な商品を提案してもらい、納得できれば契約となります。

また、なかには導入後のサポートが手厚いメーカーも多数あります。最大限の効率化を叶えるためにも、電話サポートや遠隔サポート、訪問サポートなどさまざまなサポート体制を整えている賃貸管理システムを選ぶのがおすすめです。

【FAQ】賃貸管理システムの
導入に関するよくある疑問

賃貸管理ソフトを導入する流れとは?

賃貸管理ソフトは、それぞれの業務形態や悩みに合わせてカスタマイズすることが重要です。そこで、導入する前に現在の業務状況や内容の聞き取りをおこない、そのヒアリングを元に最適な商品を提案してもらうのが基本。

またその際、担当者との相性や人柄を確かめるのも大切です。システムの更新やトラブルの解決、法改正自の対応など、開発会社とは導入後も長い付き合いを続けることになります。きちんと誠実に対応してもらえるか、対応は迅速化などをチェックして、信頼できる相手かどうかも同時に見極めていきましょう。

賃貸管理ソフトの導入にはどれくらいかかるのか?

賃貸管理ソフトの導入までの期間は、開発会社やソフトのバージョンによっても異なります。しかし、一般的には早くて約1週間で導入可能と言われています。ただこれはクラウド型の場合。オンプレミス型(買取型)の賃貸管理システムを導入する際は、1か月以上かかることも珍しくありません。

また、自社仕様にシステムをカスタマイズしたり、ファームバンキングで銀行と手続きが必要になったりする場合も、約1か月ほどかかります。賃貸管理ソフトを導入する際は余裕のあるスケジュールを組むことが大切です。

スタンドアロン型とネットワーク型はどのように違うのか?

スタンドアロン型とは、1台のパソコンにアプリケーションソフトをインストールして使用するタイプのものです。一方、ネットワーク型は1台のサーバマシン(親機)でデータを保存管理します。そこで複数台のクライアントマシン(子機)が、ネットワークを仲介してサーバマシンに接続し、保存されているデータを共有することが可能です。

ネットワーク型と同様にデータ共有が可能なシステムに「WAN」があり、離れた店舗間でも操作が可能で「多店舗型」と呼ばれることもあります。

法改正への対応は可能か?

一般的に、保守サービスなどに申し込んでいれば法改正への対応も可能です。ただこういった保守サービスは、開発会社によっては有料の場合もあるため、導入する前にきちんと確認しておくことが大切です。

また、保守サービスを行ってくれる賃貸管理システムでも、業務内容の変更や会社の倒産によってサポートが打ち切られるケースもあります。このようなリスクを減らすためには、賃貸管理ソフトの開発や販売でしっかりとした実績のある会社を選ぶのが得策です。

賃貸管理ソフトのセキュリティは万全か?

1台のパソコンにすべての情報を保管するスタンドアロン型の賃貸管理ソフトは、情報流出のリスクが少なくセキュリティ面では安心です。しかし、機能に融通が利かずネットワークによって情報共有できず不便な点やクラッシュした際にはすべてのデータが消えるリスクがあります。

ネットワークを介して情報共有をするネットワーク型は、セキュリティ面でのサポートやアドバイスが重要です。セキュリティ意識の高い開発会社のソフトを導入することで、自社のセキュリティ意識も高まるでしょう。

サポートが充実した
賃貸管理システム5選
コールセンター画像

賃貸管理システムは、サポート体制に力を入れているほど、導入も簡単で、その後の運用もスムーズに行えます!

サポート対応のレベルが高い賃貸管理ソフトをまとめてみたので、ぜひじっくりと比較してみてください。

おすすめの5選を見る