TOP » 賃貸管理システムを徹底比較【27社】 » J-Rent(東計電算)

J-Rent(東計電算)

J-Rentは株式会社東計電算が提供している賃貸管理システムです。

ここでは、J-Rentの特徴やサポート体制、導入実績、実際の評判などについてわかりやすくご紹介していますので、賃貸管理システムの導入を検討している際にぜひチェックしてみてください。

「J-Rent」の特長

設定科目が会計処理まで連動している

細かな科目情報の登録を行うことにより、月次請求・支払いの仕訳処理を自動化することが可能です。また、その際は原状回復工事や建物管理で発生する売上原価などの仕訳も連携されますので、面倒だった処理を一括管理および自動化することができます。

一覧形式が基本で見やすい

J-Rentでは一覧形式を中心とした簡単インターフェースを採用しているため、必要な情報をいち早く知ることが可能です。また、あいまい検索もできるため、コードが分からなくても知りたい情報にたどり着くことができます。

さらに、1つの物件に対するさまざまな処理も横断的に行うことも可能です。

銀行サービスをフル活用できる

FBやバーチャル口座も含め、さまざまな銀行サービスをフル活用できる機能を搭載しています。そのため、複数の振込口座や引き落とし契約ができるほか、振込入金の指名検索では複数条件の登録も可能です。

基本システムと様々なオプションとの情報連動が可能

J-Rentシステムでは、フロント様向けの情報共有・営業支援のための「J-Front」や、クレームの受け付けと進捗管理ができる「J-Claim」などのオプションシステムとの関連ができるので、業務の効率をさらに上げることが可能。

J-Rentの導入事例・評判

生産性が向上したA社の事例

30年間地域密着営業を続けているA社では、既存システムで請求書の作成しかこなせず履歴の管理ができていない状況でした。賃貸業務から売買、リフォームまで幅広く手掛ける一方、各部署で独自のシステムを使っているため情報の共有ができないのも課題の一つです。

J-Rentの導入によって各物件の契約内容・請求書・工事履歴といった情報を一元管理できるようになりました。各部署の情報共有によって空室率や物件の収支情報もまとめられるようになり、経営会議にデータを活用し生産性向上につながりました。

業務効率化を叶えたB社の事例

マンションやビルの管理業をメインに営むB社では、自社開発システムを使い続けた結果、新しい業界のスタンダードに遅れをとってしまっている状態でした。管理システムと会計システムの連携もなく、業務効率の悪化も懸念材料です。

J-Rent導入後は定期的なバージョンアップを受けることができるようになり、法改正やOSアップデートにも対応できるように。会計システムと連携することで二重入力などのミスを防止することができ、業務効率化につながっています。

J-Rentの機能

  • 物件管理
  • 契約・解約・更新
  • 請求・入金
  • 工事管理
  • 支払い
  • 会計管理

J-Rentは賃貸管理に関する機能をトータル搭載し、物件に関わる管理業者・オーナー・仲介業者・入居者すべての人へのサービスを包括的にサポート。クレーム受け付け機能は入居者の悩みや不満を可視化し、素早い対応に繋がります。空室状況や内見予約といった仲介業者向け機能もあり、入居者の確保もしやすいです。

工事管理機能では見積もりから受発注、進捗管理から報告書の作成までメンテナンス状況を一元管理できます。会計システムとも連携可能で、年間収支データや仕訳データも自動作成してくれます。物件の運営状況と収支を可視化することができるため、オーナーへの報告も素早く対応できるでしょう。賃貸管理で必要な一通りの機能がそろっており、機能を拡張することも可能です。

オプション機能

J-Front

フロント業務に関する機能を搭載したオプションで、空室の入居者募集から内見予約、契約業務まで対応可能。内見スケジュールを各部署で共有できるためバッティングの心配がなく、効率の良い集客業務につながります。

J-Search

J-Frontと連携して集客業務をサポートするシステムで、仲介業者への情報提供やサービスを展開できます。物件の地図情報や内装写真をカラーで仲介業者に提供することができ、情報共有の手間を省いてスピーディーな集客が期待できます。

J-Mainte

物件の清掃業務、定期設備点検といったメンテナンス業務をサポートするオプションです。メンテナンス実施スケジュールや発注の管理、請求・支払まで一括管理が可能。J-Rentと連動することで請求情報を家賃と相殺するなど自動連動にも対応しています。

J-Claim

入居者からのクレーム受付と対応進捗を管理するオプションシステムです。クレーム履歴を閲覧することができ、長期間にわたるクレーム対応も管理することが可能。報告書出力にも対応していて、オーナーへの報告にも活用できます。

J-Web/G

物件の工事に関する機能を搭載したオプション。工事業者との見積もりやり取り情報を登録できるため、社内での情報共有が可能です。進捗状況や完了写真もアップロードできるため、最新状況を把握してスムーズな工事進行にもつながります。

J-Web/O

オーナーとのやり取りをサポートする機能を持ったオプションで、収支報告書やメンテナンス実施状況、入居者のクレーム発生状況をリアルタイムに確認できます。管理会社からオーナーに向けたメッセージ送信にも対応しています。

J-Web/N

入居者向けWEBサイトで、契約の更新や解約の申し込みといった手続きをサイト上で行うことができます。設備の不具合対応やクレームにも対応。メンテナンス工事やイベント実施など、入居者向けお知らせも配信することができます。

サポート体制

公式サイトに記載なし

対応する利用形態

  • クラウド版のみ

「J-Rent」の価格

公式サイトに記載なし

「J-Rent」の無料トライアル版

公式サイトに記載なし

「J-Rent」管理システムの導入環境

公式サイトに記載なし

会社の基本情報

「株式会社 東計電算」とは

システムの設計・開発から、実際の運用サポートまでワンストップで対応できるのが東計電算の強み。不動産管理分野以外にも物流・住宅・金融など幅広い分野のシステムを手掛けています。

パッケージシステムだけでなく、顧客に合わせたコンサルティングとオーダーシステム開発も行っています。実際の導入から運用までサポートする体制が整っているため、システムの導入で新体制を作る際も心強いサポートが期待できるでしょう。24時間365日のデータセンター体制を持っているのも安心ポイント。

会社名 株式会社東計電気算
住所 神奈川県川崎市中原区市ノ坪150
問い合わせ番号 03-5297-1326
公式サイト https://www.j-solution.jp
サポートが充実した
賃貸管理システム5選
コールセンター画像

賃貸管理システムは、サポート体制に力を入れているほど、導入も簡単で、その後の運用もスムーズに行えます!

サポート対応のレベルが高い賃貸管理ソフトをまとめてみたので、ぜひじっくりと比較してみてください。

おすすめの5選を見る