現場で使いやすい賃貸管理システムGUIDE » 賃貸管理システム一覧 » BEANS(日本財託グループ)

BEANS(日本財託グループ)

BEANSは株式会社日本財託が提供している賃貸管理システムです。

ここでは、BEANSの特徴やサポート体制、導入実績、実際の評判などについてわかりやすくご紹介しますので、賃貸管理システムを選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

「BEANS」の特長

物件オーナーへの対応を重視した賃貸管理システム

賃貸管理会社にとっては、物件オーナーの賃貸経営が成果を上げることこそ最重要ミッション。BEANSという賃貸管理システムは、その点においてオーナーと賃貸管理会社とのやりとりを網羅的に残すことができるなど、オーナー対応を重視した設計になっているのが特長です。

オーナーからの問い合わせや質問があった際、迅速かつ的確な回答ができる体制づくりをしておくには、担当者個人への依存はNG。担当者が不在時でも支障が起きないようにするためにも、BEANSを活用してリアルタイムで情報共有できる体制が必要です。

アナログな仕事ぶりが残っているともいわれる不動産業界は、オーナー対応も属人化しがちな面があります。しかし、オーナー側の満足度をより高めるためには、システム化による効率化が不可欠といえるでしょう。

様々な履歴管理やステータス管理などに独自性あり

BEANSの機能の中でも特に注目しておきたいのが、履歴管理とステータス管理。

履歴管理は、上でも触れたオーナーとのやりとりをはじめ、各物件の家賃設定や退去精算に伴う工事関連、滞納者対応といったように多岐にわたっています。工事や滞納者対応といったプロセスを残しておきたい項目は必然ですが、家賃設定を単純な上書きにせず、履歴を残しておくという点は独自性を感じさせます。同じ棟内の個々の物件を比較したり、近隣エリアで近い条件の物件を比較したりする際、調査時点の条件だけを見るのではなく、空室状況なども合わせて家賃変化の履歴をチェックすれば、見えてくる要因も違ってくるでしょう。

また、ステータス管理では契約・更新・解約といった期日や承認を漏れなくチェックするのに便利。これも人的ミスの防止になるでしょう。

システムのアカウントによるメニュー制御が可能

社内で関連業務に携わるスタッフ全員がBEANSで情報共有することは重要ですが、個々のスタッフによって対応すべき作業は異なるのも当然。操作ミスをしたり、情報漏洩の要因になったりといったリスク対策として、BEANSには担当者ごとに利用できるメニューを制御する機能もあります。

同じ会社に所属していても、自分の業務範囲外の情報だと重要性などはわからないものもあります。関わるスタッフが増えれば増えるほど、情報の取り扱いは慎重さを期すべきであり、役割に合わせた権限設定の区分は必須要件ともいえるでしょう。

また、BEANSではシステムを利用する際、IDとパスワードが必要。セキュリティ対策でも十分な配慮がなされているシステムです。

対応する利用形態

公式サイトに記載なし

「BEANS」の機能一覧

機能一覧

オーナー情報、物件情報、対話履歴、修繕履歴、保険内容、送金など

BEANS(日本財託グループ)と一緒に検討するなら?

BEANSの賃貸管理システムとしての特長は、物件オーナー対応を重視した設計という点にあります。オーナーとのやりとりの履歴をシステム上で管理して、漏れなくスピーディーに対応するといった社内共有やステータス管理に役立つソリューションです。

本サイトでは、オンプレミス版とクラウド版、両方を取扱うオススメの賃貸管理システム会社をご紹介しています。BEANS(日本財託グループ)と併せて、ぜひご検討ください。

業務効率化につながる
おすすめの賃貸管理システム3選

「BEANS」の導入実績・導入事例

公式ホームページに記載がありませんでした。

「BEANS」の評判

見つかりませんでした。

BEANSの価格・サポート体制

価格

公式サイトに記載なし

サポート体制

公式サイトに記載なし

開発会社の基本情報

会社名 株式会社日本財託
所在地 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル5F・10F
問い合わせ番号 03-3347-2414
公式サイト http://www.nihonzaitaku.co.jp
オンプレミス・クラウド対応可能な
賃貸管理システム3選
信頼性を裏付ける
大手企業の豊富な導入実績
i-SP/SP-II
ビジュアルリサーチ公式HPキャプチャ

            引用元:ビジュアルリサーチ公式HP
(https://www.visualresearch.jp/isp/)

こんな企業にオススメ
  • DX推進で失敗しないために、実績のあるシステムを導入したい
開発会社の特徴
  • 大手上位の不動産会社約39%がシステムを導入(※1)
  • 導入実績と経験から、業務に合わせたシステムを提供

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

不動産領域を一気通貫する
21種類のシステム連動
賃貸革命10
日本情報クリエイト公式HPキャプチャ

            引用元:日本情報クリエイト公式HP
(https://www.n-create.co.jp/pr/product/kakumei-chintai/)

こんな企業にオススメ
  • 物件仕入から経営分析サービスを1社にまとめたい
開発会社の特徴
  • 連携しやすい21種類の不動産テック系サービスを提供(※2)
  • 同一機能のオンプレミス型、クラウド型システムを開発

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

8業界のIT支援によるナレッジから
マンション特化型製品を開発
MANSION21/マンション21 Smaw
内田洋行ITソリューションズ公式HPキャプチャ

            引用元:内田洋行ITソリューションズ
公式HP(https://www.uchida-it.co.jp/product/mansion21/)

こんな企業にオススメ
  • マンション管理に役立つ機能だけのシステムを導入したい
開発会社の特徴
  • 8業界のIT支援で培ったナレッジからシステム開発(※3)
  • 現場の声をもとにマンション管理の必要機能を強化

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

  【選定条件】Google検索「賃貸管理システム」で検索し(2022年8月20日時点)、ヒットした賃貸管理システム開発会社41社をすべて調査。オンプレミスとクラウド、両方を扱っている6社のうち、以下の条件で3社を選定しています。
・ビジュアルリサーチ:「全国管理戸数ランキング2021」上位200社に入った企業のうち、賃貸管理システム「i-SP」の導入率は39%以上(※1)と、各社公式HPに記載された大手導入実績が6社のうち最も豊富。
・日本情報クリエイト:6社のうち最も多い21種類のサービスを販売(※2)
・内田洋行ITソリューションズ:6社のうち唯一「卸売業」「製造業」「建設様」「マンション管理業」「食品業」「設備業」「鉄鋼業」「化粧品製造業」の8業界に特化した製品・サービス提供(※3)
(※1)参照元:ビジュアルリサーチ公式HP(https://www.visualresearch.jp/isp/
(※2)参照元:日本情報クリエイト公式HP(https://www.n-create.co.jp/
(※3)参照元:内田洋行ITソリューションズ公式HP(https://www.uchida-it.co.jp/