現場で使いやすい賃貸管理システムGUIDE » 賃貸管理システム一覧 » EBS(Fシステム)

EBS(Fシステム)

EBSは株式会社 Fシステムが提供する賃貸管理システムです。

ここでは、EBSの特徴やサポート体制、導入実績、実際の評判などについてわかりやすくご紹介します。

「EBS」の特長

システムに不慣れなスタッフでも使えるデザインや操作性

FシステムがEBSという賃貸管理システムの開発に至ったきっかけが、不動産会社の知人がEXCELやノートで業務管理をしている実態を目の当たりにしたこと。そこからヒアリングに基づいてシステム構築を進める中で重視したのが、システムやソフトに不慣れなスタッフでも無理なく使えるデザインや操作性を実現することでした。

契約書類や図面などのアウトプット、ポータルサイトへの物件情報掲出など詳しいIT知識がなくても効率的に業務を進められる使い勝手のよさが、EBSの大きな特長ともいえます。

標準的賃貸管理機能+多彩な業務支援機能あり

EBSは入居者の募集から契約、各種管理業務などに必要な機能を盛り込んだオールインワンシステム。開発では不動産会社経営者とも協力して実務に必要な機能をカバーしつつムダな機能は除いています。

実務に必要な機能という意味では、不動産会社の業務支援機能が充実しているのも特筆ポイント。保険の申込手続きに必要な書類作成、社内での情報共有促進、原状回復などの工事見積もりといった業務を効率化できる機能も複数実装されている点が評価に値します。

導入しやすい料金体系でサポート体制も確立

EBSは初期費用が217,800円(税込)、月額費用32,780円(税込)と業務システムとしては比較的安価な料金体系で、小規模な不動産会社でも導入しやすいといえるでしょう(※2022年9月調査時点)。

月額費用が安いとはいえ、平日10:00~18:00の電話サポートとメール問い合わせも随時受付。電話での案内では難しい問い合わせの場合、画面共有しての説明などもしてくれます。

※参照元:Fシステム公式HPhttps://fsy.co.jp/service/reasonable/

対応する利用形態

「EBS」の機能一覧

機能一覧

募集業務支援、接客業務支援、契約業務支援、管理業務支援、更新業務支援、解約業務支援、保険業務支援、その他業務支援

EBS(Fシステム)と一緒に検討するなら?

賃貸管理システムはいってみれば業務支援システムですが、EBSは業務系システムやソフトに慣れていないスタッフでも直感的に使えるよう、デザインや操作性を重視して設計・構築している点が大きな特長。機能は募集・契約・管理などオールインワンになっています。

本サイトでは、オンプレミス版とクラウド版、両方を取扱うオススメの賃貸管理システム会社をご紹介しています。EBS(Fシステム)と併せて、ぜひご検討ください。

業務効率化につながる
おすすめの賃貸管理システム3選

「EBS」の導入実績・導入事例

導入実績30社以上(2019年9月時点)

ホームページへの掲出がスピーディーになり集客比率が3倍に

スタッフの年齢層が20~60代までと幅広く、PCが苦手な営業マンも在籍していたアールタワーズコーポレーションで、EBSを導入したケースを紹介します。

導入前、社内で大きな課題となっていたのが物件情報を公開する前の時間が数日から1週間ほどかかっていたこと。ホームページの更新と賃貸管理と、それぞれのソフトや台帳を使っていたことやアナログ作業によるミスなども生じていました。

それがEBS導入後は情報を一元化できるようになり、ケアレスミスも回避。ホームページへの掲出もスピーディーになり、集客比率が以前の3倍にもなったとのことです。

使い勝手という点では、新入社員でも躊躇なく業務で利用しているほど。ムダに多機能を満載しているシステムよりも使いやすいとの評価をしています。Fシステムによるサポート体制にも感謝をしていて、導入後は来社しての詳しいレクチャーがあり、その後も手厚いサポートがあることに感心していました。

参照元:Fシステム公式HPhttps://fsy.co.jp/customer-voice1/

「EBS」の評判

見つかりませんでした。

EBSの価格・サポート体制

価格

初期費用 217,800円
月額費用 32,780円

価格は税込です。

サポート体制

  1. 電話対応
  2. メール対応
  3. 画面共有機能やZOOMなどによるサポート

開発会社の基本情報

会社名 株式会社 Fシステム
所在地 東京都世田谷区尾山台3-10-9 RT1stビル2F
問い合わせ番号 03-5731-1117
公式サイト https://www.fsy.co.jp
オンプレミス・クラウド対応可能な
賃貸管理システム3選
信頼性を裏付ける
大手企業の豊富な導入実績
i-SP/SP-II
ビジュアルリサーチ公式HPキャプチャ

            引用元:ビジュアルリサーチ公式HP
(https://www.visualresearch.jp/isp/)

こんな企業にオススメ
  • DX推進で失敗しないために、実績のあるシステムを導入したい
開発会社の特徴
  • 大手上位の不動産会社約39%がシステムを導入(※1)
  • 導入実績と経験から、業務に合わせたシステムを提供

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

不動産領域を一気通貫する
21種類のシステム連動
賃貸革命10
日本情報クリエイト公式HPキャプチャ

            引用元:日本情報クリエイト公式HP
(https://www.n-create.co.jp/pr/product/kakumei-chintai/)

こんな企業にオススメ
  • 物件仕入から経営分析サービスを1社にまとめたい
開発会社の特徴
  • 連携しやすい21種類の不動産テック系サービスを提供(※2)
  • 同一機能のオンプレミス型、クラウド型システムを開発

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

8業界のIT支援によるナレッジから
マンション特化型製品を開発
MANSION21/マンション21 Smaw
内田洋行ITソリューションズ公式HPキャプチャ

            引用元:内田洋行ITソリューションズ
公式HP(https://www.uchida-it.co.jp/product/mansion21/)

こんな企業にオススメ
  • マンション管理に役立つ機能だけのシステムを導入したい
開発会社の特徴
  • 8業界のIT支援で培ったナレッジからシステム開発(※3)
  • 現場の声をもとにマンション管理の必要機能を強化

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

  【選定条件】Google検索「賃貸管理システム」で検索し(2022年8月20日時点)、ヒットした賃貸管理システム開発会社41社をすべて調査。オンプレミスとクラウド、両方を扱っている6社のうち、以下の条件で3社を選定しています。
・ビジュアルリサーチ:「全国管理戸数ランキング2021」上位200社に入った企業のうち、賃貸管理システム「i-SP」の導入率は39%以上(※1)と、各社公式HPに記載された大手導入実績が6社のうち最も豊富。
・日本情報クリエイト:6社のうち最も多い21種類のサービスを販売(※2)
・内田洋行ITソリューションズ:6社のうち唯一「卸売業」「製造業」「建設様」「マンション管理業」「食品業」「設備業」「鉄鋼業」「化粧品製造業」の8業界に特化した製品・サービス提供(※3)
(※1)参照元:ビジュアルリサーチ公式HP(https://www.visualresearch.jp/isp/
(※2)参照元:日本情報クリエイト公式HP(https://www.n-create.co.jp/
(※3)参照元:内田洋行ITソリューションズ公式HP(https://www.uchida-it.co.jp/