現場で使いやすい賃貸管理システムGUIDE » 賃貸管理システム一覧 » マルチユース(武蔵)

マルチユース(武蔵)

マルチユースは武蔵株式会社が提供する賃貸管理システムです。

ここでは、マルチユースの特徴やサポート体制、導入実績、実際の評判などについてわかりやすくご紹介します。

「マルチユース」の特長

売買仲介物件のコンバーターであり自社用CMSでもある

マルチユースは賃貸管理システムとして業務に利用できるソリューションではありますが、製品自体の特長を端的に説明すると、売買仲介物件のコンバーターであり不動産会社の自社ホームページ用CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)といった点にこそ強みがあります。

物件データの取込やポータルサイトへのデータ転送など物件情報の多様な活用に便利。自社ホームページの構築では複数の方法で物件検索ができたり会員のみに情報公開したり、運営業務が手軽にできます。

不動産に特化したシステム開発チームが自社内で開発

マルチユースというソリューションは野村不動産のグループ企業、武蔵が自社内で開発していて、フルカスタマイズにも対応できるASPサービスという点も特長のひとつ。開発チームは不動産に特化していて、宅建士資格保有者も含めて不動産業界経験者が多数携わっています。オーダーメイドのシステム開発よりも安価に、導入企業の業務にマッチするカスタマイズも相談できるというわけです。

細やかな独自機能が豊富で業務を幅広くサポート

マルチユースの公式サイトを見ると、標準機能が100、オプションが40と記載されています(※2022年9月調査時点)。それらの中には競合の賃貸管理システムとは一線を画すような独自機能もあり、一部を紹介します。

物件写真のトリミングや色調補正などをブラウザ上でできる機能や、ポータルサイトに掲出するための入力禁止文字をチェックする機能など、実務に役立つ細やかなサポート機能がいろいろと用意されているのです。

※参照元:武蔵公式HPhttps://www.0634.co.jp/service/multiuse.html

対応する利用形態

「マルチユース」の機能一覧

マルチユース機能

ホームページ連動機能

顧客管理機能

マルチユース(武蔵)と一緒に検討するなら?

野村不動産のグループ企業でもある武蔵が開発・提供する賃貸管理システムがマルチユース。基本はパッケージ型でありながらカスタマイズにもフレキシブル対応できる冗長性があり、導入企業は使いながら自社業務にフィットさせることもできるでしょう。

本サイトでは、オンプレミス版とクラウド版、両方を取扱うオススメの賃貸管理システム会社をご紹介しています。マルチユース(武蔵)と併せて、ぜひご検討ください。

業務効率化につながる
おすすめの賃貸管理システム3選

「マルチユース」の導入実績・導入事例

公式ホームページに掲載されているクライアント数27社(※2022年9月調査時点)

※参照元:武蔵公式HPhttps://www.0634.co.jp/#section3

社内DBと連携可能な物件コンバーターとして活用

社内システムにはkintoneを使っている企業が、物件データを連係できる賃貸管理システムを探す中でマルチユースを導入した事例です。

kintoneで物件情報を登録・管理して、物件情報ポータルサイトへの掲出にはそれぞれの管理画面で手入力、さらに自社ホームページに掲載する画像も別管理するという高負荷な作業をしている状況。社内DBと連携可能な物件コンバーターとして活用するため、マルチユース(武蔵)を利用することになりました。

参照元:武蔵公式HPhttps://www.0634.co.jp/case/detail.html?id=22869

DTP組版を作成できる機能も組み込んだ

物件情報を様々なメディアでアウトプットするため、カスタマイズ機能も含めてマルチユースを活用しているケースを紹介します。

自社のホームページや物件情報ポータルサイトでの物件情報掲出はいうまでもなく、店舗内に設置したタッチパネルでも物件検索ができるようにリソースをフル活用。さらに、ブラウザ上でDTP組版を作成できる機能を組み込んだことにより、折込チラシまで一元管理しています。

導入当初はマルチユースの標準パッケージを使うところからスタートして、自社の業務フローに合わせて独自機能を随時追加している事例で、冗長性のメリットといえそうです。

参照元:武蔵公式HPhttps://www.0634.co.jp/case/detail.html?id=11614

「マルチユース」の評判

ポータルサイトへの入稿作業を1/4に削減できた

物件数はそんなに多くありませんが、同じ物件を4つのポータルサイトに入稿する作業が1回で済むようになったので、作業時間は単純に1/4に減りました。またライトプランは通常のコスト半分以下で利用できるので予算的にもメリット大です。

引用元:武蔵公式HPhttps://www.0634.co.jp/case/detail.html?id=22867

マルチユースの価格・サポート体制

価格

公式サイトに記載なし

サポート体制

  1. 電話対応
  2. メール対応

開発会社の基本情報

会社名 武蔵株式会社
所在地 東京都港区芝浦3-13-3 芝浦SECビル6F
問い合わせ番号 03-3456-0634
公式サイト https://www.0634.co.jp
オンプレミス・クラウド対応可能な
賃貸管理システム3選
信頼性を裏付ける
大手企業の豊富な導入実績
i-SP/SP-II
ビジュアルリサーチ公式HPキャプチャ

            引用元:ビジュアルリサーチ公式HP
(https://www.visualresearch.jp/isp/)

こんな企業にオススメ
  • DX推進で失敗しないために、実績のあるシステムを導入したい
開発会社の特徴
  • 大手上位の不動産会社約39%がシステムを導入(※1)
  • 導入実績と経験から、業務に合わせたシステムを提供

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

不動産領域を一気通貫する
21種類のシステム連動
賃貸革命10
日本情報クリエイト公式HPキャプチャ

            引用元:日本情報クリエイト公式HP
(https://www.n-create.co.jp/pr/product/kakumei-chintai/)

こんな企業にオススメ
  • 物件仕入から経営分析サービスを1社にまとめたい
開発会社の特徴
  • 連携しやすい21種類の不動産テック系サービスを提供(※2)
  • 同一機能のオンプレミス型、クラウド型システムを開発

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

8業界のIT支援によるナレッジから
マンション特化型製品を開発
MANSION21/マンション21 Smaw
内田洋行ITソリューションズ公式HPキャプチャ

            引用元:内田洋行ITソリューションズ
公式HP(https://www.uchida-it.co.jp/product/mansion21/)

こんな企業にオススメ
  • マンション管理に役立つ機能だけのシステムを導入したい
開発会社の特徴
  • 8業界のIT支援で培ったナレッジからシステム開発(※3)
  • 現場の声をもとにマンション管理の必要機能を強化

公式HPでシステム基本情報をみる

特徴を詳しくみる

電話で問い合わせる

  【選定条件】Google検索「賃貸管理システム」で検索し(2022年8月20日時点)、ヒットした賃貸管理システム開発会社41社をすべて調査。オンプレミスとクラウド、両方を扱っている6社のうち、以下の条件で3社を選定しています。
・ビジュアルリサーチ:「全国管理戸数ランキング2021」上位200社に入った企業のうち、賃貸管理システム「i-SP」の導入率は39%以上(※1)と、各社公式HPに記載された大手導入実績が6社のうち最も豊富。
・日本情報クリエイト:6社のうち最も多い21種類のサービスを販売(※2)
・内田洋行ITソリューションズ:6社のうち唯一「卸売業」「製造業」「建設様」「マンション管理業」「食品業」「設備業」「鉄鋼業」「化粧品製造業」の8業界に特化した製品・サービス提供(※3)
(※1)参照元:ビジュアルリサーチ公式HP(https://www.visualresearch.jp/isp/
(※2)参照元:日本情報クリエイト公式HP(https://www.n-create.co.jp/
(※3)参照元:内田洋行ITソリューションズ公式HP(https://www.uchida-it.co.jp/